国内旅行を楽しむ

国内旅行を行く時の空港での注意点を紹介します。

まずは航空券を購入する際に気を付けておくといいのは、自分のクレジットカードで購入する場合ありますよね?このカードは飛行機のチェックインの時に表示しないといけない場合があるので、そのカードを持っていく事を忘れないようにする事です。

これがパスポートの次に必要な身分を証明するものになるので、忘れてしまっては、拒否を受けてしまう場合もあるのです。
そうなってしまってはせっかくの旅行が台無しになってしまいますよね?

ですので、格安航空券と言えば旅休で購入した時のクレジットカードは家に置いてこないようにしましょう。

その他、荷物にも注意しないといけない事があります。

チケットを購入の際に、預ける荷物は何キロまでと決まりを書いてある事を忘れてそれよりもオーバーしてしまう人がいるという事です。
もちろん手荷物も制限されている場合があるので、両方がオーバーしてしまっていては、持っていけない事はないのですが、追加料金を払うはめになってしまいます。

安く買えるチケット

特に安く買えるチケットなどは、荷物を預けられるキログラム数が少なめに設定されていて、追加でチケット購入時に設定出来るので、前もってどれくらい持っていくだろうか、持ち帰るだろうかと予想しておく事が大事なのです。

楽しい旅行にする為にもこういう細かい注意を忘れない事が大事になってきます。
夏でも冬でも海外旅行の観光で大事なものは何だと思いますか?

パスポートやお金は勿論なのですが、水分補給がとても大事です。
旅行している間は、その事に夢中になってしまう事が多く、水分補給を忘れがちになってしまう事が多いのです。

季節は関係無く、水分補給は大事なのですが、特に暑い時期はもっと必要になります。
炎天下の中での観光という場合も多いので、頭を守る為の帽子や、日傘なども重要ですが、日傘をさしていると日本人だ!と言われる事が多いです。

あると助かる日用品

外国の人だって頭を守る事は大事なように思うのですが、まず帽子すらかぶらず、日傘は何の為?と思っている人も多いようです。

日本の人は太陽の光から守ろうとするのですが、西洋の人は特に、自分から太陽の光を求めるように当たりに行く事も普通なのです。
守るものは目で、サングラスはかけるので、それは日本人でも同じなのです。

きっと身体の作りから違うからなのでしょうか?
不思議ではあるのですが、水分補給に関しては、日本も西洋も、人間として大事なので、これは同じです。

なので、500ミリでもいいので重くて面倒ですが、旅行には水を持ち歩く事を強くオススメします。元気の源を作ってこそ楽しめる旅にしたいですよね。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし
    △PAGE TOP